ミコさんの話題ニュースまとめ

当サイトは2chやTwitter、Yahooニュースなどで話題になっている面白ネタをまとめ、毎日更新しています。

    タグ:村雲颯香



    (出典 sachiko-blog.com)


    また喧嘩繰り返す!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/09(月) 04:47:41.91 ID:MM1EtceN9.net

    【覆面座談会】
    過ごしやすい季節でもホットな話題が盛りだくさん!華やかなジャニー喜多川氏のお別れ会に、関ジャニ∞脱退と事務所退所を発表した錦戸亮(34)。
    ライザップで生まれ変わった女優佐藤仁美(39)と俳優細貝圭(34)がゴールイン間近と明るい話題もありました。
    そんなニュースの裏側をいつもの覆面メンバーが深掘りします!

    ワイドショーデスク(以下ワイドデスク) 元NGT48山口真帆への暴行事件の真相の鍵を握っていた村雲颯香が、8月31日に卒業公演を行った。

    リポーター 事件を最もよく知るメンバーで山口派だった。それが、対立メンバーたちと一緒に卒業公演の舞台に立った。

    週刊誌記者 黒メンバーと呼ばれていた子たちと笑顔で記念写真を撮っていたのは印象的だった。
    中でも太野彩香に「たくさんつらい思いをさせてゴメンね」と、謝罪のLINEまで送っていたのには驚いたよ。これは一体、どういうことなの?

    スポニチ本紙デスク 村雲の“変心”は5月に行われた山口の卒業公演の時点で感じ取れた。
    山口らと行動をともにせず卒業を先延ばしにした。活動休止に入るNGT48に3カ月間残留したのは、一度は疑った仲間たちとも、きちんと向き合って真相を理解したいという実直な思いからだった。

    週刊誌記者 実際、5月以降は村雲自らがメンバーミーティングを呼び掛け、何度も話し合っていた。
    そこでわだかまりが解けてからは、率先してレッスンの音頭も取ってきたんだ。

    リポーター 実は山口と黒メンバーと呼ばれた子たちの間でも和解のチャンスはあったんだよ。
    昨年末に1度だけ、山口と、疑われていた西潟茉莉奈が直接会話をすることがあったんだって。テレビの歌番組の広い楽屋で大勢の前で突然、口論になった。

    本紙デスク それって新情報でしょ。

    リポーター 最近そこの制作スタッフに聞いたばかり。あまりの迫力に、関係のない後輩まで泣きだし、姉妹グループのメンバーたちも目撃してしまった。
    さすがに今村前NGT48劇場支配人が別室に連れていき、支配人立ち会いのもとで一対一で話したんだけれど、お互いの言い分は平行線。約30分後に山口が怒った様子で部屋を飛び出していったんだって。

    週刊誌記者 実際に時間をかけて、とことんメンバーと対話した村雲は絆を取り戻すことができたのだから、今思うと、この時にわだかまりが解けるようにできていれば、
    ここまでの騒動にはならなかったんだろうね。またとないチャンスだったのに残念。

    リポーター 次の動きは今月20日の民事裁判。真相に迫る新情報が出てくるか、注目だ。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17049489/
    2019年9月8日 9時31分 スポニチアネックス


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【悲報】村雲颯香のNGT48卒業がもったいなすぎる件・・・】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    相当嫌な思いあったんだな…

    1 みつを ★ :2019/09/05(木) 01:36:42.56 ID:tTkUs9H/9.net

    【芸能】NGT卒業の村雲颯香さん、ツイッターもインスタもアカウントが消える ファンは心配

    村雲さんがツイもインスタも消した。消したのが、運営ではなく彼女の意思であってほしいなと今はそれだけ願ってます。
    #村雲颯香

    https://twitter.com/aya07230808/status/1169103414157967366?s=21
    2019/09/05
    (deleted an unsolicited ad)




    (出典 3.bp.blogspot.com)



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    【【悲報】NGT48卒業した村雲颯香、SNS全て消える・・・】の続きを読む



    (出典 blog-imgs-94.fc2.com)


    太野が出たらダメでしょ

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/31(土) 21:51:49.87 ID:IRvBUR2C9.net


    (出典 image.news.livedoor.com)


    新潟を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」の村雲颯香(22)が31日、新潟市内の専用劇場で行われた自身の卒業公演に出演。
    この日をもってグループから卒業し、芸能界からも引退した。

    ファンから届いた卒業を祝う花束を渡された村雲は「このような卒業公演をつくっていただいて、ありがとうございます。
    NGT48に入ってから苦しいこと、つらいこともあったけど、それがかすむくらい楽しいことがあった」と感謝した。

    しかし、グループは年明けから混迷を極めた。「この半年間くらいは苦しいことが多くて…。メンバーが苦しむ姿を見たし、ファンも悲しませた。
    大事なメンバー、NGTのこと、何にも守れない自分が嫌になることもあった。本当に全部信じたかったけど、できないことも多くて…。
    何が何だか分からなくて、自分がどうすればよかったのかと、自分の立場で何ができるかを悩んだ時期もあった」と打ち明けた。

    それでも再建を目指すグループの中心にいた村雲は「でも、悩んでいた時に一番に信じようと思ったのは、NGTを大切にしたいという思い。
    これまで応援してくださったファンの皆さん、お仕事で関わった方、新潟県の皆さん、メンバー、NGTを大切にしたいから。
    ちょうどそんな悩んでいる時期に卒業を決めた」と明かした。

    あえて卒業を決断することによって、グループを変える原動力にしようとしたという。

    「卒業を決めることによって、自分を奮い立たせようと。これまでのNGTは変わらなければならない。
    それは相手の立場になって、人を思いやる心。
    まずはメンバーとして、私が変わろうと思った。人の気持ちを読み取ることは簡単ではないけど、
    そうすることは無駄ではなく意味があることだとこの数か月で分かったし、私自身も成長できました。
    NGTはまだ難しい道のりですけど、少しずつ一歩一歩進んでほしい。
    誰一人傷つけることなく、優しくいられるようになってほしい」と真っすぐな目で訴えた。

    また、ファンに向けて「みんなが私の背中を押してくれて、理解してくれて幸せでした。
    私に、NGTにかなえてほしかった夢があると思います。
    でも、NGTに加入していなかったら描けなかった夢ができた。
    具体的には言えませんが、NGTに入ってよかったと胸を張れるように夢の実現に頑張りたい。私の大事な大事なNGT48をよろしくお願いします。
    本当にこれまでNGT48に出会った全ての方が幸せになってほしい。
    NGT48で過ごした時間は宝物です」と頭を下げた。

    また、公演中には村雲との思い出を改めて求められた太野彩香(22)が「散々さっき話しました」と恥ずかしがりながら心境を告白。「真剣なことを言うと毎日、家でピザ食べたりパンケーキを食べに行ったり。
    一緒に京都に行ったりもした。NGTはもふとの思い出ばかりだな。2、3日前にはメッセージをもらって。
    『たくさんつらい思いをさせてごめんね』と言われて…泣いた」と目を潤ませた。
    太野は、元メンバー・山口真帆(23)への暴行事件への関与が疑われたメンバーの一人だった。

    村雲といえば、5月にグループから卒業した山口を支えたメンバーの一人。
    昨年12月に起きた男性ファン2人による山口への暴行事件(その後、不起訴)の現場に駆けつけたメンバーでもあり、山口の告発で1月に事件が発覚した後も支え続けた。
    5月の卒業公演時に、山口は「寄り添ってくれた」などと村雲への感謝を口にしていた。

    ただ、山口と、同じく山口を支えた菅原りこ(18)、長谷川玲奈(18)は5月に3人とも卒業したが、村雲は卒業せずにグループに残留。
    関係者によれば、事件への関与が疑われたメンバーたちと話し合いの場を持ち、グループの立て直しなどに奔走していたという。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17012236/
    2019年8月31日 20時47分 東スポWeb


    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    (出典 pbs.twimg.com)


    【【公演終了】NGT48村雲颯香が芸能界引退!…黒メン太野さんが異例の行動・・・】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)


    黒メンにいじめられたとしか思えない…

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/19(金) 20:56:17.30 ID:HIqFLphv9.net

    NGT48の村雲颯香(むらくも・ふうか)さん(22)が2019年7月18日、8月末にグループを離れて「卒業」し、芸能界を引退することをグループのウェブサイトで発表した。

    村雲さんは、山口真帆さん(23=19年5月卒業)が暴行事件をツイッターで告発した後も「寄り添ってくれた」と明言していたメンバー3人のうちのひとり。
    残る2人は、山口さんと同時に卒業した菅原りこさん(18)と長谷川玲奈さん(18)で、村雲さんはグループに残っていた唯一のメンバーだった。
    山口さんに「寄り添った」メンバー全員がグループを去ることになり、世論がグループに向ける目は厳しさを増しそうだ。

    劇場公演もSNS投稿もできず...
    AKB48グループのメンバーは、劇場公演で卒業発表することが多い。だが、NGT48での劇場公演は5月に行われた山口さんらの卒業公演が最後で、ほぼ「開店休業」状態。
    SNSや動画配信で卒業発表する場合もあるが、加藤美南さん(20)による不適切投稿が原因で、NGTメンバーはSNS利用を自粛中だ。

    こういったことを背景に、NGT48の劇場ステージにメンバー全員が整列し、村雲さんはそのセンターに立って卒業の意向を語った。その様子を収めた動画をウェブサイトで公開するという異例の形式だ。

    村雲さんは、山口さんらが卒業発表した直後の4月22日のツイートで、

    「最悪の結末と言われても仕方がありません」
    などと悔やむ一方で、

    「NGT48に変わって欲しかったという3人の願いを胸に、正しいグループとしての姿を皆さんにお見せできるように頑張ります」
    とグループ残留にあたっての決意を明かしていた。村雲さんは今回の動画で、

    「今年に入ってから両親とも話し合った上で卒業を決意し、2月の下旬から支配人に相談をしていました」
    と明かしている。卒業を決意しながらもグループ再建を目指していたことになるが、

    「今のNGT48には変わらなくてはいけない部分もたくさんあると思っています。そしてグループが変わっていくことは決して簡単ではないと、この数ヶ月間で身に染みて分かりました」
    とも。志半ばでの卒業だ。

    メディア露出もきわめて限られる
    山口さんの卒業公演には、卒業した3人と村雲さん以外にも、山口さんに対して「出たいと連絡してくれて、自分の思いを伝えてくれた」現役メンバー6人が姿を見せた。だが、その6人のうち2人がすでにグループを離れている。

    村雲さんの卒業発表の動画は、終盤で村雲さんが

    「どうぞ最後の日までわたし村雲颯香の応援、そしてこれからのNGT48をよろしくお願いします」
    と呼びかけ、全員が「よろしくお願いします!」と声を揃える。だが、再出発は容易ではない。
    劇場公演再開のメドは明らかになっておらず、現時点でメンバーが情報発信できるのは、「フォトログ」と呼ばれる公式サイト上のブログと、ファン向けの有料メールサービスのみ。
    メディア露出もきわめて限られている。最近はAKB48がテレビ出演する際はNGT48のメンバーは呼ばれず、個人としての出演も、
    中井りかさん(21)が「青春高校3年C組」(テレビ東京)、本間日陽さん(19)が「オレたちゴチャ・まぜっ!~集まれヤンヤン~」(MBSラジオ)にレギュラー出演している程度だ。

    「2月の下旬から相談」なのに「そのような話は、今のところは来ておりません」
    さらに、今回の卒業発表で運営会社のAKSがさらに信頼を失う可能性もある。
    村雲さんは卒業について「2月の下旬から支配人に相談」と明かしたが、劇場支配人の早川麻依子氏は3月22日に新潟市内で開いた記者会見で、

    「(山口さん以外の)他のメンバーから、今回この報告書を見て、この件を受けて活動を辞めたいと、そういった申し出、考えを伝えられたメンバーはいますか」
    との記者の質問に対して

    「私のところにそのような話は、今のところは来ておりません」
    と答弁しており、村雲さんの説明との整合性が問われそうだ。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16798874/
    2019年7月19日 18時26分 J-CASTニュース


    (出典 48ers.info)


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【【衝撃】NGT48村雲颯香、卒業決意から約5ヶ月かかってようやく・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ