ミコさんの話題ニュースまとめ

当サイトは2chやTwitter、Yahooニュースなどで話題になっている面白ネタをまとめ、毎日更新しています。

    タグ:木下優樹菜



    (出典 pleasure400.com)


    子どもかわいそう…

    1 ひかり ★ :2019/12/02(月) 05:14:19.34 ID:v4jPs8OQ9.net

     11月18日、木下優樹菜(31)の所属事務所は、当面の間、彼女の芸能活動を自粛させることを発表。なぜ、そのような事態になったかというと……。

    《弁護士もたてて、法的処理、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね》

    《週刊誌に姉がこういうめにあったって言えるからさ、ほんと、そろそろちゃんとしないと立場なくなるよー》

     実姉が勤務していたタピオカ店のオーナー女性とのトラブルに、妹としてこのような“恫喝(どうかつ)”めいたメッセージを送っていたことが、
    10月上旬に明らかになったからだった。

    「タピオカ店のオーナー側が木下さんの送ったメッセージを暴露したことが発端でした。木下さんは自身のSNSで謝罪しましたが炎上はおさまらず、
    結果的に11月2日に出演予定だった、神戸学院大学学園祭でのトークショーは中止に。また、12月12日にジャニーズ事務所の『ふぉ~ゆ~』が主演を務める
    舞台に出演する予定でしたが降板し、森公美子さんが代役となりました」(スポーツ紙記者)

    “ママタレント”としての地位を築きつつあったが

     ヤンキーはあくまで“キャラ”で、結婚後は、しっかりした妻であり母親として、“ママタレント”としての地位を築きつつあった木下。そんな彼女は、
    状況が状況だけに、なかなか外に出ることができないようで……。

    「挙動不審というか、かなり警戒した様子に見えました。帽子にマスクという完全防備な格好で来ていましたね」(居合わせた客)

     目深に黒いキャップをかぶり、つけたマスクは、キャップのつばと隙間なくくっつくほど。“顔を見られたくない”という意識が垣間見えるその
    男性だったが、残念ながらキャップとマスクでは、顔の大きさまでは隠せていなかった。木下の活動自粛が発表される3日前の深夜、都内のスーパーに
    現れたのは、木下の夫であるFUJIWARAの“フジモン”こと藤本敏史(48)だ。

    「特別なものが売っているわけではない普通のスーパーですから、藤本さんもレタスなど日々の食料品を買っている感じでした。買い物を終えると
    足早に店を後にしていましたよ」(同・居合わせた客)

     藤本の自宅近くにあるというこのスーパーだが、普段利用しているのは彼ではない。いつもは、インスタグラムに料理写真を載せることも多く、
    レシピをまとめた『ユキナ飯。』なる本を出版している木下が買い物に来ている。

    「何度か店で見かけたことがありますね。騒動がまだ大きくなる前の10月にも買い物に来ていましたよ。さすがにここまで騒ぎが大きくなってしまうと、
    堂々とは来れないんじゃないですかね」(同・居合わせた客)

     木下の自粛期間は明らかにされていない。その間の買い出しは、夫である藤本が担当することになるのだろうか──。

    週刊女性
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191202-00016615-jprime-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【悲報】フジモン仕事消滅危機?…木下優樹菜、買い出しにもいけず・・・】の続きを読む



    (出典 img.jisin.jp)


    もう流行語にはならんな

    1 ばーど ★ :2019/11/25(月) 18:54:56.16 ID:iK36zre19.net

     お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が11月24日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演し、実姉の勤務していたタピオカ店オーナーへ恫喝メッセージを送信していたタレントの木下優樹菜について言及している。

     そもそも木下の恫喝メッセージの存在が発覚したのは10月上旬であり、1カ月半以上、同番組でこの問題を取り上げてこなかった点について、松本は「ネット上では1カ月以上炎上していて、テレビでは扱わない。僕としては扱った方が良いんじゃないかなとずっと思ってて。待て状態だった」と話し、扱いたくても扱えない事情があったと吐露。続けて、「こうなった時にいきなりゴー言われているみたいで。しつけをされている犬のような気になるので、コメントしたくない。せきを切ったように言うのは」ともコメントしている。

     また、騒動発覚から活動自粛を発表するまでの1カ月半という期間について、「ちょっとタイミングを見誤ったんだろうな。ご本人なのか事務所さんなのか。正直、臭いものに蓋をした感が否めない。今の時代、炎上しちゃうから下から蓋をしてもグラグラなって、土鍋の蓋のように蒸気がバーって出るでしょう。はよ開けな、開けなって、開けた頃には煮過ぎた白菜のようにタレントもくたくたになっているというそういう状態」と表現。騒動を“スルー”しようとした関係者ならびに本人へ苦言を呈すると共に、現代社会ではそのやり方は適切ではないと主張した。

    「ここ数日、これまで木下の件を一切取り上げてこなかった各報道番組やワイドショーが、揃いも揃って一斉にタピオカ恫喝騒動に触れ始めています。松本は、自身が取り上げたいタイミングに“待て状態”とされ、いざ木下が活動自粛を発表した途端にまるで操り人形のごとく“さぁコメントしろ”と促されることは、情報番組を任される立場として不快に感じたのかもしれません。また、木下の件で報道の自粛が一部で敢行されていた点を“土鍋の蓋”にたとえて話しましたが、これは関西テレビの『快傑えみちゃんねる』に出演した際、所属タレントの不祥事を隠そうと各メディアへ圧力をかける芸能プロダクションへの苦言としても全く表現を使っていました。ネットでも『えみちゃんねる』での松本の発言には『これって木下の恫喝騒動のことを言ってる?』などと囁かれていましたが、今回も同じ比喩表現を使ったことから、やはり松本はかねて木下の件を自身の番組内でもスルーすることには反対だったということでしょう」(テレビ誌ライター)

     ネットからも、松本が再び“土鍋の蓋”との表現を使ったことに関し、「やっぱり松ちゃんが今まで“事務所が抑えてるケースがある”と匂わせてたのはこの件だったんやなぁ」「それにしても松本さん、例えが上手だね」「事務所からの圧力はやはりあったのですね」などと様々な声が出ており、同番組内での言及が遅れた事情へ理解を示している。

     一方、恫喝メッセージに加え、報道規制のイメージすらも纏ってしまった木下。世間からの許しを得るには相当の時間を要することになりそうだ。

    (木村慎吾)

    アサジョ / 2019年11月25日 18時15分
    https://news.infoseek.co.jp/article/asajo_81759/

    (出典 media.image.infoseek.co.jp)


    【【ワイドナ】松本人志がまた新ネタ!…木下優樹菜を扱わなかった理由に・・・】の続きを読む



    (出典 img.sirabee.com)


    事務所の人間に怒られてユッキーナが騒動起こしたん?

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/11/23(土) 06:59:23.45 ID:UaMvCcNz9.net

    姉が勤務していたタピオカ店の店主に対して“恫喝メール”を送り付けていたことが発覚し騒動になっていたタレントの木下優樹菜(31)だが、ようやく18日に、芸能活動の無期限活動自粛を発表した。

    これまで騒動についてまったく報じていなかった各スポーツ紙や民放各局のワイドショーが発表後からようやく大々的に報じ、一部ワイドショーは「独自入手」として“恫喝メール”の内容を詳細に報じた。

    「ワイドショーに対しては、『1回限りの放送なら、画像・動画・SNSを使用してもOK』というお達しが木下の事務所からあったようだ。木下の事務所としては、沢尻エリカ容疑者の逮捕が連日大々的に報じられているので、『1回ぐらいなら…』と思っているかもしれないが、すでにネット上では騒動が拡散し尽くし、木下のイメージは地に落ちてしまった」(芸能記者)

    騒動は10月初めに勃発。それを受け、木下は自身のインスタグラムに謝罪文を掲載したが、コメント欄には3万5000件以上の批判コメントが殺到。

    出演番組が放送されればたちまちネット上が大炎上するなど、もはや火消しが不可能な域に達してしまたが、なぜ、こんな自体になってしまったのだろうか?

    「もともと、事務所に火消しを名乗り出たのが、業界内では“利権屋”として知られたある芸能プロ関係者。自分のコネがあれば火消しできる、と甘く考えていたようですが、結局、業界内ではまったく人望がなく、事務所が対応するしかなかった。最初から事務所が直接乗り出していればここまでひどいことにはならなかったはず」(芸能プロ関係者)

    しっかりと“みそぎ”を果たさない限り、木下の復帰は難しそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2086087/
    2019.11.21 21:30 週刊実話

    ★1が立った日時:2019/11/22(金) 08:00:53.26

    前スレ
    【芸能】木下優樹菜の所属事務所が“タピオカ騒動”の火消しに失敗した理由
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1574377253/


    (出典 justnews.jp)



    (出典 www.chunichi.co.jp)


    【【タピオカ騒動】黒幕は木下優樹菜ではない?…所属事務所、火消しに一番必死だった!】の続きを読む



    (出典 img.jisin.jp)


    さすが不良同士!

    1 ひかり ★ :2019/11/19(火) 11:53:13.62

    「極楽とんぼ」の加藤浩次(50)が19日、日本テレビ系「スッキリ」で、前日に活動自粛を発表したタレント・木下優樹菜(31)の復帰を呼びかけた。

     木下は実姉が勤務し、トラブルになっているタピオカ店の経営者に対し、恫喝まがいのダイレクトメッセージ(DM)を送っていたことが判明し、ネットで炎上。10月9日には自身のインスタグラムに謝罪文を掲載したが、騒動は収まらなかった。
    18日に所属するプラチナムプロダクションが公式サイトで木下の活動自粛を発表。木下は「この度は、私の軽率な発言により相手の方、関係者の方々、ファンの皆様にご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんでした。自らの言動を深く反省し、
    当面の間、芸能活動を自粛させていただくことといたしました。改めて自分自身の発言を見直し、相手の方には誠意を持って謝罪をしていきたいと思います。誠に申し訳ございませんでした」との謝罪コメントを掲載した。

     加藤は「木下優樹菜さんとは若いころから仕事を何度もさせてもらってますけど、本人は全く裏表のない、本当に素直な子だなという印象がずっとあります。藤本くんと結婚した後も、同じような印象しかないです」とコメント。今回の騒動に
    「オーナーさんと木下は話をしていない。お姉さんが間に入っている。お姉さんから話を聞いて、身内がそういう思いをしているのなら、納得いかないという怒りの部分とか(あったのではないか)。『事務所総出で』という言葉を使ってしまったのは
    問題があるんだけど、まあ感情的になった部分が強かったのなという印象がある」と話した。

     共演経験があり、プライベートでも食事する仲だという「ハリセンボン」の近藤春菜(36)は「家族に対する思いは人一倍あるので、お姉さんが直接かかわっていることで、感情をそのままぶつけてしまったと思うんです。
    でも、大人として問題があったときに、冷静になって話し合わなければいけないですし、冷静になってメールを送るにしても、こういう形で文章を送ると、いろいろ思われてしまう」と恫喝まがいの行動を残念がる。
    そして「自粛の間は相手の方に真摯に向き合って、和解できるように謝罪していくしかないのかなって思います」と続けた。

     木下と姉、オーナー側のもつれから木下の“恫喝DM”がネットに公開され炎上、活動自粛に追い込まれた。加藤は「今回の事案が訴訟になるのか分かりませんけど、しっかり解決して真摯な態度で木下が向き合って、オーナーの方と
    和解できたんだったら、活動自粛というのを戻して、新たに仕事を頑張ってほしいと思いますね」と復帰を願った。

    東スポWEB
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191119-00000004-tospoweb-ent

    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1574127847/


    (出典 pbs.twimg.com)



    (出典 snjpn.net)



    (出典 pbs.twimg.com)


    【【スッキリ】木下優樹菜は表裏一体?…加藤浩次の発言に違和感・・・】の続きを読む



    (出典 nobiciro.com)


    しばらくインスタ浮上しないのだな

    1 Egg ★ :2019/11/18(月) 21:42:19 ID:LTkPPlWO9.net

    タレントの木下優樹菜(31)が18日、所属事務所・プラチナムプロダクションを通じて活動自粛を発表した。木下においては、実姉が勤務していたタピオカ店の経営者に対し、脅しまがいのダイレクトメッセージを送っていたことが判明し、ネットを中心に炎上。10月9日にはインスタグラムを通じて謝罪していたが、この日、改めて「自らの言動を深く反省し、当面の間、芸能活動を自粛させていただくことといたしました」と報告した。

    【写真】莉々菜ちゃんとランウェイを歩く木下優樹菜

     書面を通じて所属事務所は「一部報道にございます、弊社所属タレント・木下優樹菜の不適切な言動に関しまして、多大なるご迷惑をおかけしている全ての関係者の皆様に、所属事務所として深くお詫び申し上げます」と謝罪。

     「木下優樹菜本人としましては、自身の軽率な言動により、相手の方、関係者の皆様、及びファンの皆様にご迷惑をおかけしたことを深く反省をしており、引き続き相手の方に対して、誠心誠意対応していく所存でございます」と伝え「また、弊社としましても、木下優樹菜の所属プロダクションとしての社会的責任を真摯に受け止め、木下優樹菜本人とも協議を重ねた結果、当面の間、木下優樹菜の芸能活動を自粛することといたしました」と報告した。

     木下もコメントを発表し「この度は、私の軽率な発言により相手の方、関係者の方々、ファンの皆様にご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんでした」と詫び「自らの言動を深く反省し、当面の間、芸能活動を自粛させていただくことといたしました」と報告。「改めて自分自身の発言を見直し、相手の方には誠意を持って謝罪をしていきたいと思います。誠に申し訳ございませんでした」とした。

     なお、同社は「タレントマネジメント会社としての責務を改めて見つめ直し、今後二度とこのような事態を起こさぬように全力で努めて参ります」と誓い「この時期に自粛を決定いたしました経緯については、本人含め、仕事関係の方々と様々な協議を重ねた結果、このタイミングに至った所存です」と説明。最後は「改めまして、この度は、皆様にご迷惑をお掛けし誠に申し訳ございませんでした。謹んでお詫び申し上げます」と、重ねて謝罪した。

    写真

    (出典 image.news.livedoor.com)


    2019年11月18日 19時0分
    https://news.livedoor.com/lite/article_image_detail/17399583/?img_id=23175657


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【意味深】木下優樹菜、"当面の" 活動自粛・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ