ミコさんの話題ニュースまとめ

当サイトは2chやTwitter、Yahooニュースなどで話題になっている面白ネタをまとめ、毎日更新しています。

    タグ:加藤浩次



    (出典 nobiciro.com)


    スッキリ吉本芸人全員降板しそう

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/14(水) 14:21:50.75 ID:OSxYA7fH9.net

    反社会的勢力への闇営業問題に端を発した吉本興業の一連の騒動は本当に収束しつつある!? 吉本は、謹慎処分となった宮迫博之(49)と田村亮(47)を除く吉本芸人11人を今月19日から復帰させることを決定。その宮迫も明石家さんま(64)の個人事務所に入ることが濃厚だ。あれほど吉本幹部にかみついていた加藤浩次(50)も矛を収めてしまい、平穏を取り戻しつつある。だが、日本テレビ系情報番組「スッキリ」で勃発したのは“加藤の乱”だけではなかった。同番組で加藤と共演する山里亮太(42)がスタッフにブチギレる“激怒事件”を起こしていたのだ――。

     約2か月にわたって目まぐるしい展開を見せた一連の騒動。宮迫と亮以外の11人の復帰の見通しが立ち、現段階では宮迫もさんまの個人事務所に所属する方向となり、落ち着き始めている。

     芸能関係者は「さんまが10日に自身のラジオ番組で『宮迫がウチに来てくれる』と所属が内定していることを明かしました。亮の去就は未定ですが、吉本に在籍していることに変わりはない。当面ボランティア活動をするにしても、今後復帰の時期を見定めることになるでしょう」と話す。

     そして物議を醸した加藤も同様だ。宮迫と亮の涙の会見後、突如として自身の進退をかけて吉本幹部に退陣を迫った。これにより一躍、加藤の動向、「スッキリ」への注目度は高まったが、吉本が専属エージェント契約を導入することでトーンダウン。本人は「残留」という言葉を否定するものの、事実上の“残留”となった格好だ。

    「ただ、日テレ内は賛否両論です。長時間にわたって、吉本に関する自分の意見を番組で垂れ流して、完全に番組を私物化したわけですからね。番組上層部も加藤に感情を抑えるように話したが、それでもヒートアップし続けた。視聴率は爆上げだったんですが、他局からは『やり方が汚い!』と大ブーイングまで巻き起こっている」と日テレ関係者。

     一連の騒動により、取りざたされるようになっているのが、加藤の降板説だ。感情にまかせて所属会社に吠えまくる姿を見せたことで「朝の情報番組のMCにふさわしいか?」という議論が巻き起こっても不思議ではない。早くも気の早い一部メディアは、後任として蒼井優と結婚した山里の名前を報じているが、芸能プロ関係者は「それだけは絶対にないでしょう」と断言する。

     山里は姿こそ見せないものの、「天の声」として「スッキリ」には欠かせない存在。結婚によりイメージアップしたことで新MCとなってもおかしくないが…。「実は2か月前から山里と『スッキリ』の関係はこじれているのです。きっかけは吉本の闇営業問題です」と同関係者。

     山里は闇営業芸人に含まれていない。それどころか闇営業が発覚したのとほぼ同じタイミングの6月上旬、蒼井と結婚を発表した。吉本芸人では唯一明るい話題を振りまき、まさに吉本の“希望”とも言える存在だったはずだ。

    「6月のことです。『スッキリ』で吉本の闇営業と山里結婚のニュースを連続して放送したことがあったのです。これに対して、山里はブチギレ。同じ芸人としてのくくりで見られるから、イメージが悪くなるというのが怒った理由です。自身の降板をちらつかせながら、スタッフに悪態をつきまくったんですよ。その怒りはすさまじかった」(同)

     山里の「スッキリ」への怒りは今でも解けずじまい。一方の日テレ内には山里の態度を問題視するスタッフもいて、両者の関係は凍りついているという。
    「そもそも“加藤の乱”という突発的なことを除くと、『スッキリ』の視聴率は頭打ちとなっていた。これを機に加藤、山里の両者とも番組を去って大幅リニューアルとなってもおかしくない。それほど事態は悪化しています」と制作会社幹部。

     もちろん、公正取引委員会が芸能界の契約慣行に目を光らせている手前、降板するにしてもすぐというわけではないだろう(本紙既報)。だが、“加藤の乱”と“山ちゃん激怒事件”がいまだくすぶっているのは間違いない。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16925548/
    2019年8月14日 11時0分 東スポWeb


    (出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    (出典 hochi.news)



    (出典 hochi.news)


    【【驚愕】加藤の乱だけじゃない!…山里も吉本問題にキレて事件を起こしていた!】の続きを読む



    (出典 jprime.ismcdn.jp)


    昭和の頑固親父みたいだな…

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/13(火) 07:47:27.30 ID:i5FrjikD9.net

    自身がメインMCをつとめる『スッキリ』(日本テレビ系)で、芸人の闇営業とそれに続く騒動を伝えたあと、所属する吉本興業経営陣への不満と不信を語気荒く語った加藤浩次。
    かつて、その傍若無人で反骨心まるだしの言動から「狂犬」と呼ばれた加藤も、朝の顔らしく落ち着いたと思われていただけに、世の中は大いに驚かされた。
    イラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム氏が、擬態しながら狂犬であり続ける加藤浩次について考えた。

     * * *

    吉本のお家騒動で目立つのが、加藤浩次の変わらぬ狂犬っぷり。自身がMCを務める朝の情報番組『スッキリ』では、
    身内にも関わらず忖度なき発言連発。視聴者からすれば、これほど楽しいテレビはないわけで……。

    振り返ってみると、闇営業のニュースが飛び込んできた当初から加藤は他の芸人と態度が違っていた。
    多くの芸人コメンテーターは、詐欺グループとの交流が問題視されているにも関わらず「素顔の宮迫さんはいい人」といったコメントに終始し、お茶を濁し続けた。
    持っている情報量は視聴者と段違い。それにも関わらず、出てくるのは視聴者でも言えるコメント。芸人コメンテーターが専門とする「吉本」の知見を披露する機会は少ない。
    対して加藤は浪花節に逃げることなく、吉本の企業体質について言及。意見の内容には賛否両論あるだろう。しかし、誰よりも早く他の芸人とは一味違うコメントを残していたのは事実だ。

    加藤が『スッキリ』のMCとなって13年経った。狂犬と呼ばれた男の牙が抜かれるには十分すぎる年月である。MCとはコメンテーター以上に安住したポジション。
    保身に走れば、オフホワイトな発言でやりすごすことも出来る。それこそ、狂犬が忠犬になってもおかしくない。しかし、加藤は年月を重ねるごとに独自のスタンスを強めていった。
    納得できないことがあれば、コメンテーターにも噛み付く。空気を読まない、暗黙の了解もしない。年々、朝のお茶の間に響く狂犬の咆哮は大きくなっていった。

    かつての人気番組『めちゃ2イケてるッ!』(フジテレビ系)で「狂犬」と呼ばれ始めた加藤。
    笑いのためなら、女性アイドルにプロレス技で大立ち回り。並大抵の芸人にはできない粗暴な振る舞いから命名された二つ名である。
    セットを壊すことも辞さない、やりすぎの果てに番組自体を壊してしまうことも。無断で自分がやりたいコントを撮影、ゲストと本気でケンカしたこともあった(流血する事態に)。
    私生活も荒れていたのだろう、加藤の借金を返すだけといった企画も……。

    そんな若き日の加藤、印象的だったのが常時ニヤケていた顔。大御所相手にもニヤニヤ、芸能界のしきたりを舐めきった態度をとっていた。
    海を渡ってやってきたNBAの狂犬デニス・ロッドマンにもニヤケ顔。舐めきった態度にロッドマンは通訳を通して「殴っていいか?」と加藤に尋ねたという。
    日米狂犬対決、「さすがにビビった」と加藤は語っていた。

    犬は主人に従順な生物だが、ふざけた狂犬は何にも従わない。加藤は所属する吉本クリエティブエージェンシーとの主従関係すら拒む。
    今回の騒動が起こる10年以上前、ラジオで「極楽とんぼ、吉本から推されたことなど一度たりともないですよ!」とすでに噛みついていた。狂犬の吉本に対する不信感は根深い。

    また、加藤は面白いことに狂犬と相反するインテリな素養も兼ね備えていた。
    仕事の変遷を追っていけば、『スッキリ』のMCが意外な抜擢ではないことがわかる。大人なタレントとなるためにコツコツと努力を重ねてきた。

    過激なバラエティ番組で知名度を上げた加藤は、自らの部活経験を生かし『スーパーサッカー』(TBS系)で初めて単独MCとなる。
    スポーツ番組で肩慣らしをした後、経済番組『がっちりマンデー!!』(TBS系)の MCも担当。
    加藤は経済の話題にも本気で取り組んでおり、草野球にほうける相方の山本圭壱に「お前が遊んでいる間、オレは飲み屋で普通のオッサンと株の話してるんだぞ!」と語っていた。 
    MCの技能、スポーツと経済の知識を得た加藤は満を持して『スッキリ』のMC席に着席。行き当たりばったりではなく、数年間に渡り準備をして掴んだ大役。加藤は自らが思い描いたロードマップを正確に歩み続けた。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16919950/
    2019年8月13日 7時0分 NEWSポストセブン


    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    (出典 vewoa.up.seesaa.net)



    (出典 up.gc-img.net)


    【【吉本批判】加藤浩次はそれでも貴重な芸人!…その理由とは・・・】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)


    ワイドナショー共演しちゃえよwww

    1 muffin ★ :2019/08/09(金) 12:33:56.00 ID:MlDaOet99.net

    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/08/09/0012592607.shtml
    2019.08.09

     極楽とんぼの加藤浩次が9日、日本テレビ系「スッキリ」で、吉本残留を表明した。加藤は7月22日の放送で、吉本経営陣が辞めなければ自分が辞めると発言し、騒動となっていたが、この気持ちを変えさせたのがダウンタウンの松本人志の言葉だったことを明かした。

     加藤は8日に吉本の「経営アドバイザリー委員会」が発表したエージェント制度について「僕が思いついた」と断言。そこまでに至る経緯について説明を始めた。

     加藤は、経営陣が辞めなければ自分が辞めるとした発言については「ウソはないし、そういう気持ち」だったと説明。番組内では松本が大崎会長が辞めるなら自分も辞めると発言したテレビ番組の内容にも触れていた。

     するとその日の正午頃に松本から直接電話がかかってきたという。加藤は「いろいろ生意気言って」と謝罪すると、松本は「加藤の気持ちも分かる。お前の考えがあるし、お前が見ている景色が違うのもある」と加藤の発言に理解を示してくれたという。

     その後、“加藤の乱”などと一斉に報じられたが「松本さんとのVS構造、革命とか、乱とか、水面下ではそういうことは一切なかった」と断言。情報番組のみならず、報道番組までもが対決構造で報じていたことに「これはどうなんだろう、僕は疑問」とも語った。

     23日の大崎洋会長との会談内容にも触れた。大崎会長からは「一から変えるから辞めるとかは言わないでくれ」と言われたというが、加藤は、退社発言の翌日だったこともあり「辞めますと。OK出してくれたらここは終わります。僕が辞めたら僕の部分は終わる。僕が蒔いた種だけど」と退社を主張したという。だが大崎会長は首を縦に振らず、一旦持ち帰ることとなった。

     そしてそのまま平行線をたどったが、多くの関係者、芸人からも「辞めるな」と言われたといい、その中には松本もいたという。松本は「加藤、俺は吉本芸人一人も辞めずに改革したい。その中にはお前も入ってる。何とか芸人チームだけは一枚岩で、会社と戦う構造できないか?」と訴えてきたという。

     これに加藤は心を動かされた。「僕の言った発言、一人で言って気持ちいいかもしれない、吐いたまま辞めた方が格好良く見えるかもしれないが、自分の中で気持ちいいだけかもしれないと変化があった。エゴで辞めたいといってるだけじゃないかと」と振り返り、「じゃあ、どうしたら吉本内部にいながらできるのか。それがエージェント制度。これは僕が思いつきました」と語っていた。


    (出典 colorful-story.com)



    (出典 www.nikkansports.com)



    (出典 gg-talk.jp)


    【【吉本辞める問題】加藤浩次が吉本辞めない本当の理由をついに告白!】の続きを読む



    (出典 img.sirabee.com)


    近藤春菜は?

    1 あずささん ★ :2019/08/09(金) 13:32:13.25 ID:A5ikQ63t9.net

    極楽とんぼ加藤浩次(50)が9日、メインMCを務める日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜午前8時)に出演し、吉本興業に残留する意向を明らかにした。

    番組の中で加藤はまず「これまで黙ってきたが全部話します」とし吉本興業の「経営改善」方針を確認した後に「エージェント契約案を提示した」6日には大崎会長と2回目の会談をし「エージェント契約なら残れる」と話した。

    2日の同番組での放送では「自分は(大崎会長と)2回目の会談ができてない。1回目の(会談の)平行線のまま」と現状を説明していたが、この日までに会社側との話し合いで決まったとみられる。

    「加藤の乱」の発端は先月22日の「スッキリ」。雨上がり決死隊の宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が涙ながらに会見したことに憤り、所属する吉本興業を退社すると宣言。「(会長の)大崎さんと(社長の)岡本さんを怖がっている。この体制が続くなら俺は辞める。この取締役が変わらないなら辞める」とまで言い切った。

    同23日には大崎会長に直談判。3時間に及んだ会談について、同24日の放送では「芸人サイドの意見として伝えても、会社の考え方があって、平行線でずっと3時間。結果として大崎会長が持ち帰らせてくれとなって、今も平行線のままです」と明かしていた。

    ソース/日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201908080000035.html

    前スレ(★1の立った時間 2019/08/09(金) 08:39:09.82)
    【芸能】加藤浩次が吉本残留の意向語る「エージェント契約なら」★2
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1565314157/


    (出典 www.sponichi.co.jp)



    (出典 i.ytimg.com)



    (出典 www.sankei.com)


    【【辞める詐欺】加藤浩次、結局吉本残留! その理由がコレwww】の続きを読む



    (出典 img.jisin.jp)


    まだ炎上してるんか?

    1 Egg ★ :2019/08/05(月) 08:43:52.92 ID:FKyBsPKn9.net

    後輩や吉本を思うあまり、勢い余ってしまったことには理解をしたいけれど…。このままでは、よもやの高騰をした“男”を下げてしまいかねない極楽とんぼの加藤浩次。

     加藤は7月30日、MCを務める「この差って何ですか?」(TBS系)に出演したが、番組でのテーマが奇遇にも「モメる相手とモメない相手の差」。そして、あの“辞める”発言について開き直りコメントを連発し、まるで“自虐作戦”といった展開に、騒動中は加藤を応援していたネット民たちからも呆れられてしまったようだ。

    「加藤は末っ子ですが、番組内で末っ子の性格は『人なつっこい』『責任感がない』『楽観的』と紹介されると、加藤は『楽観的だからあんな発言しちゃったんだな…』と落ち込むしぐさを見せていましたね。これにスタジオでは笑いが飛び交っていましたが、一部の視聴者は落胆としたようで、ツイッターでは即座に『楽観じゃなくて責任感がなくて発言した気がする』『楽観的の意味知ってる?』と嘲笑コメントを頂戴する格好となりました。フットボールアワーの岩尾望が『楽観的に言うことじゃないでしょ』と突っ込むと、すかさず加藤は『どうにかなるか~!どうにかなるなら言っちゃうか~!みたいな』と発言して自分自身で爆笑。さらに『あれは…反省だ、反省だ、反省しないとダメだ』とコメントしてスタジオを笑いに包んでいましたが、テレビの前の視聴者は呆気にとられてしまったかもしれません」(エンタメ誌ライター)

     加藤の反応は“騒動を拡大させてしまった”という照れ隠しがあったかもしれない。しかし、そんな騒動に巻き込まれた世間の人たちは辛辣そのもの。「なんだよ!全然辞める気ないじゃん」「別のタレントが言ってたら『なんであんな偉そうなこと言うの?』とダミ声で怒ってそう」「全然笑えない」「保身ね、保身!」「いつ辞めるか?今でしょ!」と総ツッコミ状態となっている。

     加藤本人が闇営業したわけではないのだが、最近のトーンダウンに、落胆する人たちが多いようだ。

    (小机かをる)

    2019/8/5 07:15 アサジョ
    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20190805-46327764-asajo


    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)



    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)



    (出典 81orchid.com)


    【【炎上】加藤浩次、吉本問題のアノ発言でやっぱりブーイングwww】の続きを読む

    このページのトップヘ