ミコさんの話題ニュースまとめ

当サイトは2chやTwitter、Yahooニュースなどで話題になっている面白ネタをまとめ、毎日更新しています。

    タグ:不倫



    (出典 news.nifty.com)


    志らくさんが後任はありえん!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/15(月) 21:01:23.25 ID:lAlukEiR9.net

    コメンテーターの堀尾正明(64)の「不倫疑惑騒動」で、本人が生謝罪に追い込まれたTBS系朝の情報番組『ビビット』に、9月一杯での打ち切り説が浮上。

    「もともと低視聴率続きで、何度も打ち切りが検討されていたんですが、メイン司会の国分太一とジャニーズへの配慮で、なかなか踏み切れなかった。ところが、今回の堀尾の騒動で口実が出来た。TBS上層部は内心、ほくそ笑んでますよ」(制作会社関係者)

    同番組は2015年3月にスタートしたが、視聴率は常に2?3%で、同時間帯の情報番組としては万年、最下位だった。
    「『ビビット』の制作費は1本あたり約1200万円。一番視聴率が悪いのに、制作費は同時間帯の情報番組で一番高かった。しかも、そのうち1割以上が国分のギャラ。一説には1日あたり150万円といわれていますが、それであの視聴率なら、他局では番組打ち切りかMC降板ですよ」(大手広告代理店関係者)

    この低視聴率を打破するために投入されたのが堀尾だった。NHK時代には『紅白歌合戦』の総合司会を務め、局次長級のエグゼクティブアナウンサーの地位にあった堀尾だが、2008年にフリー転身。翌年からTBS系夕方の報道番組のMCに抜擢され、リニューアル後も'17年3月までキャスターを務めていた。

    「しかし、堀尾を『ビビット』に入れても、視聴率が好転することはなかった」(前出・制作会社関係者)

    それでもTBSが『ビビット』を打ち切ることができなかった裏には「ジャニーズとの政治的取引があった」と言うのは某芸能プロの幹部だ。

    「2013年まで放送されていた嵐の冠番組『ひみつの嵐ちゃん!』を終了するにあたって、ジャニーズに“忖度”して、国分司会の『いっぷく!』をスタートさせた。これが『ビビット』の前身だから、おいそれと打ち切りやMC降板を言い出せない状況だったんだ」

    国分も、番組きっての常識人・堀尾のスキャンダルで「ハイ、それまでヨ」となるとは夢にも思っていなかっただろう。

    すでに、後任MCの名前も浮上しているという。
    「人気落語家で、同局昼の情報番組『ひるおび!』で辛口コメンテーターとしても人気の立川志らくの内定情報が流れている」(同)

    一番の被害者は“あきらめないで”と言ってきた真矢ミキかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1924134/
    2019.07.15 11:00 週刊実話


    (出典 www.nec-nexs.com)



    (出典 money-cats.com)


    【【驚愕】ビビッド打ち切り説! 堀尾正明アナの後任にあの落語家の名前が浮上!】の続きを読む


    堀尾 正明(ほりお まさあき、1955年4月24日 - )は、日本のフリーアナウンサー、司会者、ニュースキャスター、ラジオパーソナリティ、日本体育大学客員教授(2014年まで)、明海大学外国語学部客員教授(2018年より)、エフエム戸塚取締役。元NHKエグゼクティブアナウンサー(局次長級)。身長170cm。
    16キロバイト (1,784 語) - 2019年6月19日 (水) 11:35



    (出典 hzrd97.info)


    高齢者の不倫わざわざニュースにする意味無いと思うが…

    1 ひかり ★ :2019/06/20(木) 08:56:24.90 ID:8zjJLSw59.net

     2008年にNHKを退職し、現在はフリーで活動している堀尾正明アナウンサー(64)が20日、TBS系『ビビット』(月~金 前8:00)に生出演。
    『週刊新潮』(デイリー新潮)で伝えられた50代の美女との不倫報道について言及。お相手に「恋愛感情はありません」と明かした。

     番組では『週刊新潮』誌面などをVTRで紹介。目を真っ赤にした堀尾アナは「この度は、この報道で多くの人を傷つけて、そしてご迷惑をかけ、
    誤解を生じ、本当に許容範囲を越えた行動をした。反省しております」といい、視聴者に対しては「不快な思い、嫌な思いをさせてしまい、
    言葉もありません。本当に申し訳ございません」と、深々と頭を下げ謝罪した。

     また、番組では、お相手女性にも直撃。女性は、半年前に堀尾アナと陶芸教室で出会ったとし、自宅で家族の相談にのってもらったという。
    恋愛感情はなく「家族で『おじいちゃん』と呼んでいる」とした。さらに、番組では堀尾アナの妻のコメントも紹介した。

     同誌では、妻子がおり別居中という堀尾アナが、前出の50代美女宅にお泊まりを繰り返していたと報じ、2ショット写真なども添えて伝えている。

    ■堀尾正明夫人からのコメント

    この度は、いろいろとお騒がせしてしまい、大変申し訳ございません。
    お相手の方やご家族様、お仕事でお世話になっている多くの方々に大変ご迷惑をおかけしてしまいましたこと、心より深くお詫び申し上げます。
    そして何よりも、長年テレビやラジオ、様々なところで応援してくださっていた皆様に、その信頼を裏切るような形になってしまいましたことは、
    本当にお詫びのしようもございません。

    この度の記事にあるお相手ご家族とのお付き合いのことはすでに聞き及んでいた事ではありますが、私どもの作ってきた60代を迎えた夫婦の形、
    家族の形(互いを理解し、尊重し、困った時は一番に助け合う)というものが、結果的にこのような状態を生んでしまったのだと反省する機会を
    頂きました。彼が困っている人を放っておけないのは出会った時からで、これまでも(広い意味での)人助けはいくつかありました。

    心の優しい懐の深いところが彼の一番の魅力だと思っています。
    それは出会った時から今も変わりません。しかし、今回ばかりは、優しさの度が過ぎてしまったのかもしれません。
    結果的に、そのことにより、お相手やご家族の皆様に大変不快な思いをさせてしまった事態になったことは、深く反省してほしいと思います。

    夫には、これまで以上に、メディアを通じて全ての方々に誠実におつとめしていってほしいと願ってやみません。

    あらためまして、大変お騒がせいたしまして、申し訳ございませんでした。

    オリコン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190620-00000347-oric-ent


    (出典 akid-0117.com)





    (出典 geitopi.com)


    【【謝罪】堀尾正明アナ、ついに不倫認める! 出会いのきっかけも明らかに!】の続きを読む


    KANA-BOON(カナブーン)は、日本の4人組ロックバンド。 谷口鮪:Vo/Gt 人物 身長162cm、体重54kg。 全楽曲の作詞・作曲を行う中心人物。 「鮪」は高校時代のあだなで、「顔が正面から見た鮪に似ている」と初代ベーシスト(飯田の前代にあたる)に言われた事に由来する。 好物は海老。 音楽を好きになった切っ掛けはマキシマム
    60キロバイト (4,037 語) - 2019年6月15日 (土) 15:49



    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)


    川谷のいかんとこに目を向いてしまったか?

    1 ニライカナイφ ★ :2019/06/14(金) 20:19:23.19 ID:65eBcfAZ9.net

    ◆ 音信不通のカナブーン飯田 清水富美加をダマした“嘘つき”手口

    ロックバンド「KANA-BOON(カナブーン)」が6月15日に予定していたライブが急遽中止となり、メンバーの飯田祐馬が音信不通の状態になっていることがわかった。公式サイトには、「僕達の元へも、めしだの現在の状況は届いておらず」「事故に遭ったのではないか、なにかトラブルに巻き込まれたのではないか、という可能性も頭をよぎってしまいます」と他のメンバーが連名でメッセージを掲載している。

     飯田をめぐっては、過去に女優・清水富美加(現・千眼美子)との不倫トラブルが話題となっていた。

    「報道を見て驚きました。まさかあの飯田が女優とお付き合いできたとは。でも、彼の謝罪文には納得。あいつはもともと嘘つきでしたから」(高校の同級生)

     幸福の科学へ出家した女優・清水富美加(22)との過去の“ゲス不倫”を告白したロックバンド「KANA-BOON」のベーシスト・飯田祐馬(めしだゆうま/26)。彼が報道各社へ送信した謝罪文にはこう記されていた。

    〈既婚の身でありながら、そのことを隠し〉〈妻との離婚をほのめかしつつ、2016年1月まで交際関係を続けてしまいました〉

     不倫に至る経緯がゲス不倫の先輩・川谷絵音(えのん/28)と似ていると、キノコ頭の共通点も相俟って、飯田の知名度は一気にアップ。

     大阪市で生まれた飯田は、地元の中学を卒業し、市内の私立高校へ入学した。

    「不良が多い学校なのですが、飯田は進学クラスにいて、学校内では頭のいい方だった」(同前)

     軽音部に入っていたという飯田。放課後は部室に入り浸り、ベースを弾く毎日を送っていたという。

    「いつも長い前髪を顔の前に垂らし、ベースを肩に担いで登校していました。BUMP OF CHICKENや、RADWIMPSが好きでよく聴いていた。学園祭で曲を披露したこともあったけど、全くモテるタイプではなかったですね。そのくせ、男友達と女の子の話をしても、『俺、女に興味ないから』と場を白けさせる。不良にはヘコヘコするけど、進学クラスの大人しい男子には偉そうで、突然暴力をふるうこともあった。休み時間に同級生をドアに挟んで虐めているのを見たことがあります」(同前)

    ■ 「すぐに分かるような嘘を平気でつくヤツやった」

     別の同級生が振り返る。

    「昔からすぐに分かるような嘘を平気でつくヤツやった。ある日、『曲作って来たで』と自信満々に楽譜を見せてきた。でもそれ、バンプの曲をそのまんまパクった曲だったんですよ。軽音部の仲間にはすぐにバレて、問い詰められたら『たまたまや!』って最後まで言い張っていました。

     まったく女性と付き合ったことがないのに『他校に彼女がいる』と嘯き、周りから『学校名は?』『名前は?』と聞かれても答えられず、逆ギレしていた。入部当初は『モテたくてバンド始めた』って恥ずかしそうに話していたのに、その話を蒸し返すと『違う。音楽が好きやからや』って。飯田はいつも言うことが二転三転するんです」

     清水も、その“嘘”に振り回されていたようだ。事情を知る音楽関係者が話す。

    「家族思いの清水さんは飯田が既婚者だと知り、一時は身を引こうとしていた。それを飯田が引き止めていた。結局ゲス&ベッキー騒動にビビって別れた。未練があったのは飯田の方。破局後も彼女が出る番組をこっそり見ていたようです」

     2月26日、清水は自身のツイッターを10日ぶりに更新。〈ソラニン〉という謎の言葉を呟いた。

    「『ソラニン』は飯田が大好きだというバンドASIAN KUNG-FU GENERATIONの代表曲。〈さよならだけの人生か ほんの少しの未来は見えたのにさよならなんだ〉という切ない歌詞の別れの歌です。飯田への思いが込められたツイートなのでしょう」(同前)

     世の女性を敵に回した飯田。もう川谷と“ゲス&メッシー”を組むしかない!?

    文春オンライン / 2019年6月14日 19時30分
    https://news.infoseek.co.jp/article/bunshun_12381/

    (出典 media.image.infoseek.co.jp)



    (出典 news.mynavi.jp)



    (出典 media-groove.com)



    (出典 cdnx.natalie.mu)


    【【騙し上手?】KANA-BOON飯田さん、簡単にメンバー騙して逃走か? 過去には不倫相手も騙していた!】の続きを読む


    原田 龍二(はらだ りゅうじ、1970年10月26日 - )は、日本の俳優、タレント、司会者である。東京都足立区出身。血液型はA型、身長178cm。株式会社ブロー所属。現在は埼玉県さいたま市在住。 1990年の第3回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で準グランプリを受賞したのち、1992年に
    30キロバイト (4,128 語) - 2019年6月10日 (月) 20:53



    (出典 fujinkoron.ismcdn.jp)


    そこは笑ってはいけないネタでしょ!

    1 朝一から閉店までφ ★ :2019/06/12(水) 12:36:10.79 ID:bn1GF3YS9.net

    2019-06-12 12:11

     俳優の原田龍二(48)が、日本最大級の動画サービス「niconico」の『ニコニコ生放送』(6月19日放送、後8:00)で、日本文学を代表する伝説の作家・太宰治の代表作『人間失格』を朗読するオリジナル企画の放送が決定した。

     2019年は太宰治の生誕から110周年となり、太宰治の人生を再構成した『人間失格』の劇映画や劇場アニメの公開も発表され、非常に注目が集まっている年。そこで今回、太宰治の110回目の誕生日であり「桜桃忌」という名で親しまれている記念日でもある6月19日に『原田龍二が太宰治『人間失格』を読む【生誕110年&桜桃忌】』を約4時間半ノーカットで届ける。
    https://www.oricon.co.jp/news/2137464/full/
    (最終更新:2019-06-12 12:11)


    (出典 www.officiallyjd.com)


    【【驚愕】原田龍二が4時間半のニコ生配信wwwww】の続きを読む


    上沼 恵美子(かみぬま えみこ、1955年4月13日 - )は、日本のローカルタレント、歌手、司会者、ラジオパーソナリティーである。本名同じ。旧姓、橋本(はしもと)。 兵庫県三原郡南淡町(現:南あわじ市福良乙)出身。上沼事務所所属。帝国女子高等学校大和田校(現:大阪国際大和田高等学校)中退。
    26キロバイト (3,657 語) - 2019年5月26日 (日) 05:02



    (出典 %E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%A1%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2.com)


    同じ女にも厳しいな!

    1 影のたけし軍団ρ ★ :2019/06/09(日) 14:52:44.96 ID:qOqgZnBf9.net

    タレント・上沼恵美子が9日、読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」に出演。
    複数のファンの女性との車中不倫が発覚し、謝罪した俳優・原田龍二の騒動に触れ、「女も女ですよ」とバッサリ斬った。

    原田はインスタグラムにメッセージを送ってきた女性ファンにDM(ダイレクトメッセージ)を返信し、浮気に及んでいた。
    原田の愛車の4WDの中で情事に及び、コトが終わると速攻で女性を帰したこと、
    食事などのデートや贈り物なども何もなく、女性に対する“雑な扱い”も批判されることとなった。

    上沼は「(原田さんを)かばってるんじゃないですよ。かばってるんじゃないですけど」と断った上で、
    「女も女ですよ。SNSで『会ってくれ』って(言われて)嬉しくて、ひゃ~っ!!って(会いに)行ったわけでしょ。
    レストランの1つもあって、語らいがあって、そしてホテル…と思ってたんですか。それ思い上がりやんな~」と鋭く指摘した。

    一方で、全裸のお盆芸などを披露している原田に対しては、「見たまんまやんか。そこ、色気ないわ」とコメント。
    原田は会見で「(性欲)強すぎる」などと認めていたが、「原田さん、もうええ加減にしないとあかんよ!」と叱っていた。
    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/06/09/0012410848.shtml


    (出典 hochi.news)



    (出典 matomedane.jp)


    【【驚愕】上沼恵美子、原田龍二擁護か?…不倫相手の女に激怒wwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ