ミコさんの話題ニュースまとめ

当サイトは最近話題になった出来事をお届けします。

    カテゴリ: ドラマ


    いだてん〜東京オリムピック噺〜』(いだてん とうきょうオリンピックばなし)は、2019年1月6日より放送のNHK大河ドラマ第58作。単に『いだてん』とも。 日本が初めて夏季オリンピックに参加した1912年(明治45年)のストックホルムオリンピックから、幻となった東京オリンピック(1940年の予定
    46キロバイト (5,558 語) - 2019年2月12日 (火) 01:53



    (出典 ikamimi.work)



    1 風吹けば名無し :2019/02/12(火) 09:56:47.69

    「いだてん」第6話9・9%、大河史上“最速”で1桁に陥落
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190212-00000085-spnannex-ent


    (出典 tarareba-50age.com)


    【【悲報】大河ドラマ「いだてん」打ち切り危機!】の続きを読む


    夏菜(なつな、1989年5月23日 - )は、日本の女優、タレント。本名および旧芸名、渡辺 夏菜(わたなべ なつな)。 埼玉県戸田市出身。トヨタオフィス所属。 中学1年生の頃から原宿などで芸能事務所のスカウトに頻繁に声を掛けられていたが、中学受験を経て大学まで一貫教育の学校に通っており芸能活動が禁止
    47キロバイト (6,154 語) - 2019年1月11日 (金) 11:46



    (出典 news.walkerplus.com)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/01/24(木) 18:46:20.31 ID:oM146S569.net

     日本テレビ系ドラマ「人生が楽しくなる幸せの法則」で“ブス役”の主演・夏菜(29)と高橋メアリージュン(31)、そして原作エッセー「ちょうどいいブスのススメ」を書いたお笑いコンビ「相席スタート」の山崎ケイ(36)が24日、都内ロケ現場で取材会を開き、ブス談議に花を咲かせた。

     夏菜は「自己表現下手くそブス」役で、主演はNHK連続テレビ小説「純と愛」(2012~13年)以来。当時はネット住民から「ブス」と言われたそう。

    「なんか『そんなかわいくもねぇクセに、朝からうるせぇんだよ』みたいな。結構っていうか、かなりショックでした。今はたまに(エゴサーチを)しても『はいはい』って言ってられるんですけど、そのときは(スルー)できない子だったので」。昔とは「比べものにならない」くらい、今は心も強くなったという。

     高橋は「融通きかないブス」役。聞けば「すごく自分と共通点がある」そうで、本人から意外な告白が飛び出した。「現在31歳で独身なんですけど、結構まぁ男性からのお誘いも全然なく、ホントにある夜なんて、寂しくて『モテな~い、モテな~い!』って泣いたんですよ、生まれて初めて」

     だがモテない理由が分からない。そんな高橋らに、劇中では山崎演じる「ちょうどいいブスの神様」が“ブスでもモテるヒント”をくれる。「だから私自身も一緒に学んで、実際プライベートにも生かしたいなという気持ち」だという。

     ドラマタイトルは当初、原作と同じでいくはずが、「ブス」というワードに抗議があったため、スタート直前で替えられた。山崎いわく、街中で「あの、何かのブスの人ですよね?」「何のブスの人でしたっけ?」と声を掛けられることはあっても、エッセータイトルへの批判はなかった。「だからやっぱ、これからの時代、いろいろ媒体によって反響って違うんだな~っていうのは改めてですけど、勉強にはなりましたね」

     山崎は「“それは美人だからできることだよ~”っていうハウツー本って、世の中にたくさんあると思うんですけど、このドラマは誰が見ても“あ、これだったらできそう”って思うことが多分たくさん入ってると思うんで、それを1個、するキッカケになってもらえたら」とドラマの制作意図を代弁した。


    2019年01月24日 17時14分
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1257694/

    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)



    (出典 img.cinematoday.jp)



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)



    (出典 pbs.twimg.com)


    【【ドラマ】ブス役・夏菜 ネットでブスと言われてるけど、全然ブスじゃないじゃん!】の続きを読む


    時効警察』(じこうけいさつ)は、毎週金曜日23:15 - 翌0:10に、テレビ朝日系の「金曜ナイトドラマ」枠で放送された日本の刑事ドラマ。主演はオダギリジョー。 ヒロインの麻生久美子は、この作品が民放の連続ドラマ初出演となった。 2006年に放送された第1シリーズは第23回「ATP賞テレビグランプ
    29キロバイト (3,298 語) - 2019年1月8日 (火) 01:49



    (出典 blogimg.goo.ne.jp)



    1 湛然 ★ :2019/01/08(火) 05:11:57.37 ID:Jj8qeTCv9.net

    1/8(火) 5:00 オリコン
    『時効警察』12年ぶりに復活、オダギリジョー「前作以上に面白い作品にしたい」

     俳優のオダギリジョーと女優の麻生久美子が出演し、ファンの間で“伝説のドラマ”として語り継がれているコメディーミステリー『時効警察』が、12年ぶりに帰ってくる。連続ドラマとして復活する『時効警察 2019(仮)』(2019年放送)で、再び霧山修一朗を演じるオダギリは「12年も経過して復活する作品なんて、なかなかないと思うので、高齢化したキャスト&スタッフ手を取り合って、前作以上に面白い作品にしたいと思います」とコメントを寄せた。

     2006年1月期にテレビ朝日系金曜ナイトドラマ枠で放送された『時効警察』。“時効成立事件”という特異なものにスポットを当てた、シュールな小ネタ満載の“脱力系コメディーミステリー”として大きな話題を呼び、最高視聴率12.1%、平均視聴率10.1%を記録。翌年4月期にパート2『帰ってきた時効警察』も放送され、最高視聴率13.5%、平均視聴率12.0%とさらに大きなヒットを飛ばした(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)。

     『時効警察』復活の経緯について、横地郁英ゼネラルプロデューサーは「2010年に殺人事件の時効が廃止されました。『時効警察』の舞台、窓際部署の時効管理課では、ほぼ毎回、殺人事件を扱っていましたが、さらに窓際になった今だからこそ復活するべきではないかと思います。『時効警察』の復活を、オダギリさん、麻生さん、三木聡監督に快諾していただけましたので、2019年ならではの『時効警察』を面白いドラマにして作っていきたいと思います。新しく加わるキャスト、スタッフにも、ご期待ください」と意気込む。

     2019年の新シリーズは、なぜか政府の派遣事業のメンバーに選ばれて米FBIに出向していた霧山が12年ぶりに帰国し、再び総武署の“時効管理課”に戻ってきたところからはじまる。殺人事件の時効が廃止され、以前よりもさらに窓際な部署になっていた古巣に戻ってきた霧山は、時効を迎えた事件を私的に捜査するという“趣味”を再開する。霧山が毎回犯人に手渡す「誰にも言いませんよカード」も健在だ。

     麻生演じる三日月しずかは、総武署の交通課課長補佐となっていた。以前は霧山の恋人の座を狙っていたが、結局、想いを伝えられないまま、霧山は渡米。6年前にややなんとなくで、刑事課の刑事と結婚したものの、性格の不一致でほどなく離婚。子どもはおらず、今はひとり暮らしのちょっと寂しいアラフォー。しかし、霧山から奪った婚姻届は今でも大事に持っており、霧山が帰ってくることで心をザワつかせる。

     麻生は「まさか(続編は)実現しないと思っていたので、この発表で現実になることに驚きを隠せません。私も12年分の年齢を重ね、“三日月しずか”もより残念さが増しているであろうことに不安が募りますが、怖いもの見たさと大好きなキャラクターをまた演じられる喜びでうれしいような恥ずかしいような複雑な気持ちでおります」とコメント。オダギリとは『時効警察』以降、共演する機会が一切なかったそうで、「あの頃のように、いえ、それ以上の作品を目指して、また一緒にお芝居させて頂けることを今からとても楽しみにしております」と話している。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    『時効警察』が12年ぶり復活。殺人での時効が廃止された今…霧山修一朗(オダギリジョー)が帰ってくる。三日月しずか(麻生久美子)も(C)テレビ朝日

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190108-00000322-oric-ent


    【【朗報】ドラマ『時効警察』が12年ぶりに "連続ドラマ" として復活!!! 2019年ならではの面白いドラマに期待】の続きを読む

    このページのトップヘ