工藤 静香(くどう しずか、1970年4月14日 - )は、日本の歌手、女優、タレント、宝飾デザイナー、画家。80年代アイドル。本名、木村 静香(きむら しずか、旧姓:工藤)。二科会絵画部会友。夫は俳優、歌手、タレントの木村拓哉、次女は作曲家、モデルのKōki,。 東京都出身。 東京都立板橋高等学校
52キロバイト (3,969 語) - 2018年12月17日 (月) 07:28



(出典 iwiz-cmspf.c.yimg.jp)



1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/02(水) 10:02:04.54 ID:CAP_USER9.net


(出典 image.dailynewsonline.jp)


歌手の工藤静香(48)が29日、自身のインスタグラムで、正月を迎えるためのおせち料理の一部を披露し話題になっている。
工藤といえば先日、クリスマスに食卓へ並べたが不人気だったという料理「ナスのタプナード」についてつづり、ファンからは「誰もおいしいって言わないとか逆に気になるわ…」
「あるあるってことは、普段からみんなおいしくないと思ってるのか?」などのコメントが寄せられ注目を集めていたばかり。

 そんな工藤がこの日の投稿で、「栗きんとんにする前に、硬めに作り、先ずは芋羊羹のように食べます!後に温め直し、甘味料を加えトロトロにして栗に絡めています。
二度楽しめる感じがたまらないです。あと鯛とヒラメの昆布じめ!レンコンやユリ根やらやる事だらけ(^^)お汁粉にお雑煮も!!笑」
とコメントを添え、二度楽しめる栗きんとん(今回は一段階目の栗羊羹)と、鯛とヒラメの昆布じめの写真を公開した。

この投稿を見たファンからは「栗きんとん芋羊羮からきんとんに変身だなんて静香さん!凄いです!!作ったことがないので、ただただ尊敬です」
「2度美味しい食べ方、イイですね!美味しそう。」「芋羊羹から栗きんとん??そういう発想は頭カチカチの私は思いうかばなかったたです!すごい??」
「栗きんとんの前に芋羊羹にして食べるの凄く美味しそー!!!そんな食べ方があったなんて」などの絶賛コメントが多く集まっていた。

この栗羊羹に対しては「工藤静香さん風の栗きんとんの作り方教えてください。」
「時間ある時、栗羊羮のレシピ教えてください」というような声も多く上がっており、ファンは興味津々。どのように栗きんとんに変化するのかも見てみたいものだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1635563/
2019.01.02 09:04 デイリーニュースオンライン


【【お正月】栗きんとんの新しい食べ方が話題!(画像あり)】の続きを読む