ミコさんの話題ニュースまとめ

当サイトは2chやTwitter、Yahooニュースなどで話題になっている面白ネタをまとめ、毎日更新しています。



    (出典 soratoburin.com)


    何でそこまでして人を犠牲にするん?

    1 1号 ★ :2019/12/09(月) 12:10:47.70

     走行中の東海道新幹線の車内で昨年6月、乗客3人が切りつけられて死傷した事件で、殺人罪などに問われた無職、小島一朗被告(23)に対し、検察側は9日、横浜地裁小田原支部(佐脇有紀裁判長)の裁判員裁判で無期懲役を求刑した。

     起訴状によると小島被告は昨年6月9日夜、新横浜―小田原間を走っていた新大阪行き「のぞみ」車内で隣席の20代女性2人をなたで切って負傷させ、止めに入った乗客の梅田耕太郎さん(当時38歳)を切りつけ殺害したとされる。

     小島被告は公判で、起訴内容を認めた上で、刑務所に入るために事件を起こしたと述べた。2人掛け通路側の座席を選択した理由を問われると「窓際にいる人を確実に1人は殺せるだろうと思い、席を選んだ」と答え、死刑を避けることを目的に「殺害するのは2人までにしておこうと決めた」と話した。

     公判には精神鑑定を担当した医師も出廷しており、「人格障害が動機の形成に影響した可能性があるが、事件当時は正常な精神状態だった」と述べた。判決は今月18日に言い渡される予定。

    12/9(月) 11:57配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191209-00000019-mai-soci


    (出典 public1.potaufeu.asahi.com)



    (出典 soratoburin.com)


    【【新幹線3人事件】小島一朗被告、計画的犯行か?…刑回避に必死中・・・】の続きを読む



    (出典 img.vggcdn.net)


    ゲームに関してはめっちゃ現代やな!

    1 伝説の田中c ★ :2019/12/08(日) 21:20:21 ID:zbYEZbeP9.net

     歌手で俳優の加山雄三(82)が4日、都内のホテルで行われた映画「ジュマンジ/ネクスト・レベル」のイベントに出席した。先月に軽度の脳梗塞で入院したが、「ついに来たかとびっくりしたが、なんの影響もない。これからは食べ物に気をつけたり、水もたくさん飲んだりしないと。年齢のことを考えたら、当たり前の話だな」と元気いっぱいに“復活”を宣言した。

     イベントは、タレントのファーストサマーウイカ(29)が日本語吹き替え版で声優に初挑戦した本作の緊急会見と題して開催。加山自身は、声優に初挑戦することが発表された。

     加山は最初、シルエットで登場。しかし、声を聞いて、すぐに正体が分かったウイカはビックリ。加山が演じるのは、名優ダニー・グローヴァーが演じたゲームに吸い込まれる(現実世界の)おじいちゃん=マイロ・ウォーカー。ある理由で仲違いをした昔の旧友を訪ねたところ、ゲームがバグったことから、 “ジュマンジ”の中に吸い込まれてしまう。

     実は大のゲーム好きという加山は、「19時間やり続けて、夜中の3時くらいにクリアしたら、誰もいなかった。プレステ2から4まで持っている。VR(ゴーグル)も2つ持っている。でも、バイオハザードはVRでやらない方がいい。1時間やったら、頭がおかしくなるから」と話した。

     前作「ジュマンジ」ではPRキャンペーンにゲスト出演しているが、新作も大のお気に入りのようだ。「楽しい。感動があるんだ。最後は……ウルウルしちゃった。人間の深いところまで探求されている。僕はジブリのアニメも好きなんだけども、ジブリのハリウッド版みたいな感じ。大人も子供も楽しめる」とアピールしていた。

     加山との共演にウイカは「至極光栄です。昭和、平成、令和を駆け抜けたエンターテイナー、若大将ですから。私は令和の若女将になりたい。私もバイオハザードは好きだし、ドラムもやるので、ゲーマーとドラマーと共通点があるんです」と大喜び。同映画のプレミアムイベントにも日本代表として出席予定だが、「初のハリウッドです。日本のボイスアクターとして宣伝したい。『ロック様(ジョンソンの愛称)、抱いて』と英語で言えるように練習します」と意気込んでいた。
     
     本作は4人の大学生が、呪われたゲーム“ジュマンジ”に吸い込まれた仲間を救うため、自らがプレイヤーとなってゲームの中にログインし、“無理ゲー”と化した超絶難関なステージでゲームクリアを目指すアクション・アドヴェンチャー超大作。「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン、「ガリバー旅行記」のジャック・ブラックらが出演している。

    「ジュマンジ/ネクスト・レベル」は12月13日から日米公開となる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191204-00010006-encount-ent


    (出典 www.asahicom.jp)



    (出典 static.tbsradio.jp)



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)


    【【驚愕】加山雄三、大好きなゲームにVR・・・】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    やってることは良くないけど、正直な妻やん!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/06(金) 08:35:37.91 ID:21sbE9p59.net

    女優の神田沙也加と俳優の村田充が11月4日、それぞれのブログを更新し、離婚していたことを発表した。

    ブログを読む限り、2人は今年の夏、離婚に合意。当初、直近の仕事関係者に迷惑をかけることを避けるため、発表は年明けを予定。しかし週刊誌に突き止められ、ブログで離婚を発表したようだ。果たして、離婚の原因は何だったのか。2人のブログにはこう書かれていた。

    まず神田は「結婚以来、子供のことについてずっと話し合ってまいりましたが、折り合う答えを見つけることができませんでした」と告白。一方、村田は「子供が欲しかった私と、前向きになれなかった彼女とで折り合いがつかず……」と打ち明け、子供に対する考え方の相違が離婚原因のように思えた。

    「一見、神田は仕事に専念したいがゆえ、子作りを拒否しているようにも思えます。しかし、神田は33歳。あと2年で高齢出産の域に入ります。しかも2018年12月18日更新の『サンスポ』の電子版では、神田は『子供はほしいです。来年はないけど、親になることは役者にとってすごく変化をもたらすはず』と明かしていました。子供がほしくないとは思えません」(芸能記者)

    ブログでは、もう1つ気になる記述があった。神田は離婚後、少しの間の同居期間中に「私のプライベートの話も、充さんには全て報告してきております」と告白。一方、村田は週刊誌の記者から不貞について聞かれたが否定したものの、「離婚成立後に、彼女からプライベートの報告も聞いております」と、意味深な言葉を記している。

    “プライベートの報告”とは何か? そのヒントを「NEWSポストセブン」が報じている。神田の知人の話として「心が離れていったのは沙也加さんのほう。その彼女が今、頼りにしているのがジャニーズJr.の秋山大河さんです」と明らかにしているのだ。

    記事によると、神田と秋山は今年7月に上演された舞台で共演し急速に接近。10月に村田と別居した後、神田が秋山のマンションに泊まる様子も伝えている。秋山はJr.の4人で構成される「MADE」というグループの一員で、嵐のバックダンサーも務めているという。

    「秋山と親しくなったのが離婚前なのか離婚後なのか気になりますが、こうしてみると、少なくとも夫婦関係にヒビが入った理由は子作りに対する意見の相違だけではなさそうですね。円満離婚をアピールしているところも引っかかります。神田の母の松田聖子は3度結婚していますが、恋多き性分も似たのかもしれません」(前出・芸能記者)

    全貌が明かされる日を待ちたい。

    http://dailynewsonline.jp/article/2103379/
    2019.12.04 16:05 Asagei Biz


    (出典 tokushima.ismcdn.jp)



    (出典 cororotan.com)


    【【離婚騒動】神田沙也加は悪くない?…昨年12月の子供の事で・・・】の続きを読む



    (出典 www.dailyshincho.com)


    妹のほうが売れてるのに?

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/09(月) 04:00:21 ID:jZeM7W6d9.net

    女優の広瀬すず(21)が6日、都内で行われた3DCGアニメーション作品『ルパン三世 THE FIRST』の初日舞台あいさつに登壇。
    トークセッションで「もしルパンのような泥棒スキルを持っていたら?」と聞かれた広瀬は「最近小さいんだねと言われることが多いので、あと5センチ身長が欲しいです」と希望を話した。

    自身のホームページで159センチと公表している広瀬は「自分では157.9センチだと思っていたんですけど、159センチの方より私のほうが大きかったことがあって。
    それで身長は160センチあるかないかと言っています」と明かすと、「それでも『意外と小さいんだね』と言われることがあるので、
    姉は5センチほど高いのでそのくらい欲しいですね」と姉・アリスの身長が理想だと語った。

    声優の仕事について「ド素人なので、わからないことだらけで監督の顔をチラチラ見ながらやりました」と言うと、
    山崎貴監督(55)は「広瀬さんにやってもらったレティシアは、あてがきに近かったので断られたらどうしようかと思ってました」と引き受けた広瀬に感謝していた。

    沢城みゆき(34)演じる峰不二子の印象についても「女性から見ても憧れる要素もあれば、見入ってしまうような美しさやきれいさもありますよね」と言い、
    「沢城さんの華奢な体からどうやって声が出ているんだろうと思ってました」と声優陣の実力に驚きの様子だった。

    この日は、栗田貫一(61)、小林清志(86)、浪川大輔(43)、山寺宏一(58)、吉田鋼太郎(60)、藤原竜也(37)も登壇した。

    1967年に『漫画アクション』にて連載がスタートし、1971年にはテレビアニメ化され、
    誕生から50年以上経った今でも映画・ゲーム・スピンオフなどさまざまなメディアで老若男女問わず絶大な人気を誇る『ルパン三世』。

    今作は『ルパン三世』史上初となる3DCGアニメーションとなり、今年4月に亡くなった原作者モンキー・パンチさんの悲願でもあった“フル3DCGによるルパン一味”として誕生する。

    https://news.nifty.com/article/entame/anime/12173-490251/
    2019年12月06日 15時50分 ORICON NEWS


    (出典 gurimu-blog.com)


    (出典 orionfdn.org)


    【【仲良し】広瀬すず、アリスに理想!…その理由が・・・】の続きを読む



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    男にキレたんか思った・・・

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/09(月) 03:31:29.49 ID:jZeM7W6d9.net

    8日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)では、ご意見番・和田アキ子と番組準レギュラー・渥美陽子弁護士とのヒヤヒヤするやりとりが一部カメラに写された。


    ■渥美弁護士に話を振ると…

    番組後半、秋篠宮家の長女・眞子さまと婚約関係にある小室圭さんが話題に。発表から1年半以上経つにも関わらず、結婚に至ることがない理由のひとつとして挙げられている小室家側の金銭問題について、番組内で議論になった。

    小室さんの母がその元婚約者から400万円ほど「もらった」とする一方、相手は「貸した」と主張するなどして捻れている同問題だが、和田は「どちらにせよ返せば終わる」という立場から主張。

    持論の締めに、「いかがでしょうか?」と渥美弁護士に法的な視点を問うたのだが、この振りが思わぬ展開を生むこととなった。


    関連記事:和田アキ子、瀧容疑者の話題中「あかんあかん」と番組進行制止 その理由に絶賛の声

    ■CM開けに謝罪

    「法的には『贈与』か『貸し付け』かって全然違うので。贈与であれば返す必要はないですし、貸し付けであれば返さないといけない…」と答える渥美弁護士に、和田が「いや『贈与』であったとしても…」と口を挟む。

    なにかを語る和田の一方で、渥美弁護士もまだ話し続けるという状態がつづき、最終的に「聞けよ!」と和田が一喝したことでスタジオが騒然となる。すぐに周囲のゲストがフォローに入り、CMに突入した。

    番組が再開すると、和田は渥美弁護士に「失礼しました」と謝罪し、ようやくスタジオが平穏を取り戻すこととなった。

    ■「怖い怖い」

    このやりとりには視聴者も驚いたようで、「あー怖い怖い。もう嫌だ、ああいう空気」「アッコさん怒っちゃったね。すぐに元に戻ったからいいけど…」と困惑の声が。

    一方で、すぐにCMに入ったことや、周りの演者がフォローしたことについては「番組側のナイス配慮」「盛り上げようとする芸人さんたちがすごかった」と称賛の声が多く見られた。


    ■他人の話をよく聞かない人は…

    今回のケースはどちらが悪いといった問題でもないようだが、一般的に人は、話に割り込まれたときなどにどのように感じるのだろうか?

    しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,354名を対象に「他人の話をよく聞かない人」について調査を実施したところ、およそ3割の人が「共感する」または「理解はできる」と回答する結果となった。

    正確に伝えたいと考える渥美弁護士と、話の核を掘り下げようとする和田。専門的な話ゆえに難しいところではあるが、生放送ゆえのちょっとしたアクシデントと言えるだろう。

    (文/しらべぇ編集部・清水 翔太)

    【調査概要】
    方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
    調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日
    対象:全国20代~60代の男女1,354名(有効回答数)

    https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20162212940/
    2019年12月08日 14時00分 しらべぇ


    (出典 www.zakzak.co.jp)



    (出典 atsumi-law.com)


    【【放送事故】聞けよ!…和田アキ子、生放送中にブチギレ!】の続きを読む

    このページのトップヘ